講座バナー

講座キャッチ

地元の楽しさを伝えるメディアとは何か?
神戸市灘区と尼崎の「おもろい」を発信する達人と共に、
中之島にて月刊島民プレスと語り合う。

トーク/慈 憲一(naddist)
    若狭健作(『南部再生』編集人)
    大迫 力(『月刊島民』編集・発行人)

 これまで100号以上にわたり、中之島という街の面白さを伝えてきた月刊島民。今月の特集では、読者による人気投票の結果を分析したが、それをきっかけに、他の街の人たちとも地元の楽しみ方を伝える方法について語り合ってみたい。
 お招きするのは「naddist」なる肩書きを持つ神戸市灘区のスペシャリスト・慈憲一さん。もう一人は、ローカルフリーマガジンの雄として知られる尼崎の『南部再生』編集人である若狭健作さん。どちらも街の魅力をフリーマガジンや、あるいはセンス抜群のイベントという形にして発信しまくっている。

慈 憲一 うつみ・けんいち
webサイト「ナダタマ」などさまざまな媒体を通してマニアックな灘情報を発信しつつ、摩耶山での「リュックサックマーケット」や「東神戸マラソン」など、灘区を満喫できる多彩なイベントやツアーを開催。

若狭健作 わかさ・けんさく
尼崎南部のフリーマガジン『南部再生』編集人。その他、「メイドインアマガサキ・コンペ」や「尼崎一家の旅」といった地元紹介コンテンツの企画も。エフエムあまがさき「8時だヨ!神さま仏さま」プロデューサー。
 ローカルなメディアであることの面白さや難しさはどのあたりにあるのか。現在進行形で発信を続ける人だからこその本音を語り合う。あなたの住む街の魅力に気づくヒントにもなるはず!
 会場は重要文化財の大阪府立中之島図書館。各地のフリーマガジンやMAPも大集合します。
アクアライナー

参加者全員にプレゼント!
アクアライナー乗船割引券

月刊島民100号記念企画として、大阪水上バスより、アクアライナー大阪城・中之島めぐりコースの2割引チケットを進呈します。
【開催概要】
開催日 2017年2月16日(木)
時間 7:00PM〜8:30PM頃(開場6:30PM〜)
会場 大阪府立中之島図書館 本館3階 多目的スペース2
トーク 慈 憲一(naddist)、若狭健作(『南部再生』編集人)、大迫 力(『月刊島民』編集・発行人)
受講料 1,500円(プレゼント付き)
定員 80名
主催 ナカノシマ大学事務局
【会場】
大阪府立中之島図書館 本館
ご参加までの
流れ
[STEP 1]お申し込み
このページの一番下にある「規約に同意して応募する」ボタン(青いボタン)をクリックすると、申し込みフォームが表示されます。説明に従って必要事項をご記入ください。
[STEP 2]受講ハガキ発送
ナカノシマ大学事務局より受講ハガキを発送します。発送は毎月20日前後から随時行っています。
[STEP 3]当日精算
受講料は講座当日に受付にてお支払いください。受講ハガキをご持参くださると受付がスムーズです。

お問い合わせ
ナカノシマ大学事務局(株式会社140B内)
TEL06-4799-1340

ナカノシマ大学応募規約

今月の月刊島民

月刊島民表紙

2017年2月号特集 堂島より愛をコメて。」

堂島は米の商いによって発展してきた町であることは、誰もが知る歴史。誰がどんな仕事をしていたのか? なぜ米市場が必要だったのか? 当時の絵図や資料を元に、知られざるその実態を紐解いてみる。